HOME | だっじぶろぐ | ドローン飛行どこなら?どこでも?

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

ドローン飛行どこなら?どこでも?

2018年10月27日

楽しいドローンライフを始める前に「ちょっと待った!」

すぐにでも近くの公園や畑、田んぼの上なんかを自由に飛ばしたいですよね。でも、少しだけ

落ち着いてください。場合によっては法令違反や罰金になる事もありますので。。。

sample

 

飛行ルールの対象となる機体(改正航空法)
無人航空機(飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができない
もののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの
)であること。





そして、


機体本体の重さが200g以上となるもの(機体 + バッテリー + カメラ)

離陸時の重量が199gであれば大丈夫です。
(199g以下でも「小型無人機等飛行禁止法
にお気をつけください


まとめ

機体本体の重さ(機体 + バッテリー + カメラ)が
200g以上となるものは飛行ルールを意識しなくはいけません。

ルールを守って楽しいドローンライフを送りましょう(*‘ω‘ *)


 


ドローンのルール